メディア太郎日記

メディア全般のリアル体験記事

企画書にて苦労・・

いやあ、昨日は企画書の作成でとても苦労しました・・。

私の言う企画書というのは、ここでは社内の企画書のことです(外にも出しますが、業界内だけに出すもので、一般の方が目に触れることはありません。セールスシートとも言われます)

 

僕は常々思っていることがあります、それは社内のみの企画書にそれほど時間や手間をかけるべきではないと。なぜなら社内のみの露出ですし、一般の方には触れない。なにより、どんなに素晴らしい企画書にしても、その企画の内容がしょぼかったら売れませんよね??

そこには何が潜んでいるかというと

 

「上司たちのためのもの」

 

と言わざるをえません。

f:id:media_taro:20191112085717j:image

 

例えば、ある企画があって、上がさらに上に承認を得るために見栄えがよくなければいけない。あるいは、「ウチの部署がこんなショボいデザインの企画書を回してはダメだ」という意味のない理由。

 

まさに時間の無駄です。

 

コレ、企画書とポスターもしくはチラシとを勘違いしてると思うんですよね。まさか!と思う方も、自分の上司がそう思っていると考えてみて下さい。けっこう納得がいきませんか?

 

僕は同輩や後輩によくこういう言い方をします(あまり上司には言えませんが笑)

「僕たちはプランナーであって、デザイナーではない。だから企画書は1枚ペラでも内容があればいい。

デザインはデザインのプロに任せよう。」

 

もちろん、デザインまでクリエイティブする、もしくはディレクションする部署ならばそうではないですが、プランナーであれば、デザインなどに時間が取られるなら、もっとプランを良くする時間に回すべきですよね。

 

ということで、昨日はそんな上司の「もうちょっと見栄えの良い企画書にしろ」に振り回された一日でした笑

 

ま、これもサラリーマンの宿命ですかね〜〜。