メディア太郎日記

メディア全般のリアル体験記事

桜を見る会報道・・トップニュース

最近のテレビのトップニュースは桜を見る会多いですね〜。

f:id:media_taro:20191125085728j:image

 

桜の会で5000万ほど使いそのほとんどの招待客が不透明なものだったのではないか。しかも、食事などのケータリングもある業者に毎年独占的に発注していたなどなど・・。野党の格好の餌食ですね。たぶん視聴者は

 

「毎日毎日同じようなニュース流してんじゃねえよ!」

 

と思っている人も多いと思います。テレビって全部そうですよね。例えば吉本芸人が闇営業してた時の話題とか全局で扱ってましたし、トップニュースは横並びほぼ同じですよね。僕も親や、兄弟に「ああいう時に全く別の番組やれば逆に視聴率とれないの??」と聞かれたりますね。

 

これ、取れる時もあるんですが、やはり話題の、ニュースをやった方が数字は取れると言わざるを得ません。なぜなら

 

結果がそうなるから

 

です。そして、非常に乱暴な言い方をすると、庶民・大衆はそれを望んでいるからと言えます。

 

残念ながら、世の中の9割以上がいわゆる「一般的な考え方」をもつ大衆であり、何かに対して抗う、疑問をもつということは無い傾向にあります。

 

他のブログに書いたように、例えば満員電車に不満がある人は大多数であるけど、

 

「そもそもこれ、違法じゃないのか?」

「都が悪いんだから、次の選挙でどうにかしてやろう!」

 

などと思って、さらに行動する人って少ないんです。大抵の人は世の中の目立ちがちなニュースに興味を抱き、無意識にも気になって見てしまうわけです。

 

ちなみに、国家予算って約100兆円ですから、5000万円って、その10万分の一以下ですね。家計が600万円だとすると、30円くらいの感じですね。30円のことで、政治家って、けっこう時間割くわけですなあ〜と思いながら見てしまうのは僕だけでしょうか・・