メディア太郎日記

メディア全般のリアル体験記事

タクシーの上座と下座

この前、若手の社員とある取材に行く時に、タクシーの上座、下座について話をしました。

 

f:id:media_taro:20191128085356j:image

 

若手の女性と、カメラマン、アメラアシスタント(カメアシ)の4人でした。

 

そこで、若手の女性が最初に奥に乗ったわけです。

 

「お前が先に乗っちゃいかんだろうー!!」

 

と、怒ってはいけません。そんなことを言えば今の時代はこちらがパワハラで訴えられます笑

 

そのあとに、カメアシ、カメラマン、僕は助手席に座ったわけです。

 

タクシーの中で僕はこう、言いました

「〇〇ちゃんの席が一番上座だな!」(笑いながら)

 

すると彼女は「え?そういうのあるんですか?」と平気な顔で聞いてきました。

 

若手と言っても、もう何年も社会人してるハズなのにな・・と思いながら。とにかく怒ってはいけません!友達と会話するようにおはなしするのです!

 

運転手の真後ろが一番上座、次が助手席の後ろ、次が後部座席の真ん中、最後に助手席となりますね。

乗る時は当然、目下の人間は最後に乗る(ちなみにカメラマンは最も年上だったと思われます)。

そのあたりの一般常識を伝えた上で、後部座席は上座だが、現実的には助手席が楽な場合が多いから、目上の方に「前がいいですか??」と聞けばベスト。ということを伝えました。すると

「営業経験の方ってそういうの詳しいですよね〜!」

と言って来たので

「ま、まあ、こういうことを知ってる大人はかっこいいでしょ?」

と自分を納得させるかのようになだめました。

 

かつて母親に「人生は一生勉強」と言われましたが、僕もその心を忘れずに謙虚にタクシーに乗りたいと思います^_^