メディア太郎日記

メディア全般のリアル体験記事

Jアラートとマスターカット

北の方がまた騒ぎ出しましたね・・

f:id:media_taro:20191206090553j:image

なんでも、クリスマスプレゼントを安倍さんに送るとか?とんでもないリーダーです-_-b

 

さてさて、ミサイルが発射されたらJアラートというサイレンが流れますね。テストで聞いたことあるんですが、なかなか怖い音ですよね・・。

 

当然、テレビでもどんな放送よりも優先して、Jアラートの情報を流します。

 

そういう時の緊急対応を、テレビ業界では

 

「マスターカット」

 

と言います。マスターとは主調整室のことで、テレビ局によくある、テレビがたくさん並べられている部屋のことです。マスターでは、通常放送の監視はもちろん、どこにどういう映像がきちんと流れてるか、緊急ニュースが入った場合ニュース速報を受信して、チャイムとともに速報を流す、緊急事態があった場合は責任ある人(主に編成系)に連絡をするなどの業務を行なっています。

 

マスター(主調整室)で、本編をカットする。

 

ということから、緊急時でニュース映像に切り替えることをマスターカットと言うのです。

 

マスターカットは実はとても勇気のいることなんです。何しろ自分の手で何万人も見てるドラマとかを中断させないといけないわけですから。もしくはCMが流れている場合、そのCMが放送されなかったら、放送局はスポンサーに対して損害賠償をしなければなりません。

 

ですから、北のポッチャリさん、できるだけ静かにしてて下さい・・。