メディア太郎日記

メディア全般のリアル体験記事

安全な運転とは

先日はお客さんを乗せて車に乗りました。

f:id:media_taro:20191216081252j:image

 

こういうシーン、タレントを乗せるだけでなく、やはりゴルフに行く時など、大事な取引先などを乗せる場合が多々あります。

広告業界はまだまだゴルフの習慣が根強いですからね・・。

 

ゴルフだけでなく、車を使って営業や、報道に行くこともしばしばあります。

 

やっぱり気になるのは、自分以外の人が運転してる時ですよね・・。安全運転って単なる安全じゃなくて、

 

乗ってる人が心地よく乗れるか

 

だと思うんです。だから、不必要にとばしたり、急ブレーキ、急発進、高速でのスムーズ?!かのような素早い車線変更などをみると

 

「この人は乗ってる人のことを考えてるのかな?」

 

と感じてしまいます。

安全運転といえば


1. 急発進・急ブレーキをしない
2. 法定速度を守る
3. 不必要な加速・減速をせず、周囲の速度に合わせる

 

などの一般的なものがありますが、私が運転する時には一つだけしか気にしていません。

 

車間距離をとること

 

これだけです。

車間距離をとれば、急ブレーキもないし、急発進もしない。前の車が遠いから必然的にそうなります。スピード違反もありません。カーブなど、できるだけ左右のふらつきが無いよう曲がりたい。これも車間距離をとることで解決します。

特に高速道路での車間距離は絶対ですね。これを言うと、

 

「その分遅くなるじゃないか」

「途中に割り込まれる」

 

という人がいます。でも、それって、積算で何秒くらいですか??

1時間運転しても、せいぜい3〜5分の差ですよね??それで、乗ってる人が不安になるくらいなら、私は車間距離をとります。

 

そもそも、大切なタレントやお客様を乗せてる時に、仮に前の車が事故をした、急ブレーキをした時にどうします??

 

最小限のトラブルになるようにシミュレーションしてますか?と言いたいです。

車の事故は「自分は大丈夫」という気持ちから来ると思います。自分は大丈夫でも、周りがダメならダメです。そもそもそういう自信過剰な人の運転ほど怖いものはあまりせん。

 

ゴルフの帰りなど、すごく眠いですから、早く自動運転化されて、眠りながら帰りたいもんですね・・。