メディア太郎日記

メディア全般のリアル体験記事

お酒の失敗・・300万くらいは無駄にした??

昨夜は(も)酔ってしまいました・・

f:id:media_taro:20191221181406j:image

 

3軒ほど、行ったらしいのですが、3軒目の記憶が全くありません笑

 

広告業界やテレビ関連はまだまだホントにお酒の付き合いが多いです。

 

経営者の方もやはりお酒や夜の席が好きですからね。

 

それにしてもお酒の失敗は色々あるにせよ、いくらくらいの損失を出してるかな?と考えてみました。

 

酒を飲んでやってしまうことは・・

 

・サイフを無くす

・携帯を無くす

・電車を寝過ごしてどこかわからないところに行ってしまう

・スーツをダメにする

・ノリでキャバクラに行ってしまう

 

主にはこんな感じでしょうか。

実は私、とてもとてもサイフや携帯を無くしてしまうクセがあるのです。

携帯はたぶん人生で10回くらい無くしてるんじゃ無いでしょうか。

だから、サイフも携帯もいつも「無くなってもいい状態」にしておきます。

サイフは高いものは買わない、現金は2万以上持たない、無くしても会社に迷惑をかけないカードなどのみを持つ、携帯はローカルにデータを残さないなどですね。

 

それにしても最も無駄金を使っているのは不必要?な2次会、3次会ですね。

 

よく「お客さんとの夜なら領収書切れるんでしょ?」と言われますが、2次会、3次会が簡単に切れるような時代ではありません!ソフトめな2次会くらいまでは切れますが、何万円もする夜のお姉さんの店などに行ってしまった場合、そりゃよほどの理由か、VIPさんで無いと会社は切らせてくれません。

 

けど、お得意様でどうしても「二次会は夜のお姉さんのお店」が好きな方がいるので、そういう時は腹をくくるか、二次会の領収書のみを切るということをします。

つまり、一次会か、二次会のどちらかは自腹。ということは珍しいことではありません。

 

人間不思議なもので、そういう時の金は「もう忘れてしまおう」と思ってしまうわけです。

 

そういうお金のロスと、サイフなどの紛失を合わせると15年くらいのサラリーマン生活で年間20万くらいは軽いなと考えると

 

300万くらいやっちまってる!

 

と思ってしまいました。

 

ま、しょうがないっちゃしょうがないすね。

ちなみに、IT業界を代表するホリエモンが「毎日飲みに行って、色んな人と会って話すことが最も有効な情報収集方法だ」と言っていたので、お酒は肯定したいと思います!