メディア太郎日記

メディア全般のリアル体験記事

銀座の挨拶まわりと業界

ついに挨拶まわりの季節がやってきました。

f:id:media_taro:20191228123031j:image

どんな業界でもそうだと思いますが、年末になると、取引先への挨拶まわりがありますね。

 

広告・マスコミ業界も同様ですが、

 

「お酒を準備して待ち構える」

 

という文化はあるところと、無いところあると思います。

 

私たちの業界は風物詩と言いますか、テレビ局が酒や地のモノを準備して代理店マンが挨拶まわりするのを待ち構えるのです。

 

特に銀座には100社以上もの全国のテレビ局支社があり(一般の人はあまりしらないかもですが)、納会の日には銀座にマスコミや、電通博報堂ADKをはじめとした代理店ほか、同業の連中が銀座をウロウロしているわけです。

 

色んなところを周りカオス状態になっていくわけです。

 

最初は「寒いのになんだこの風習は・・」と思っていましたし、何時間も飲まなきゃいけないので正直しんどいです・・。

 

ま、とにかくコレが終われば冬休みってことで頑張るしかありませんね・・。