メディア太郎日記

メディア全般のリアル体験記事

暴風警報とカツラと出稿と

昨夜から風邪が強いですね。暴風警報が出ており、たまに台風のように風が吹きます。

f:id:media_taro:20200108090611j:image

 

こんな日は雨も降るし、あまりお気に入りの服は着ていきたくないなと思ってしまいますよね。

靴などもキレイなものが汚れてしまうな。と女性よりの気持ちになってしまうのです。

 

さて、暴風警報で思い出したのですが、カツラをかぶっていた上司がいたのを思い出しました。

 

その上司はカツラをつけていることを公言し、平気で「どうだ?似合うか?」と聞かれたり「最近◯◯さんとカツラトークで盛り上がったよ!」ということを気軽に話してくれる、個人的に大好きな上司でした。

 

この上司のカツラをつけた理由は自分のためというより、会社のためだったのです。

 

あるカツラ系のスポンサーからの広告出稿が止まっており、そのスポンサーのカツラを購入し、関係を深めようとしたのです。それ以来、見事に広告出稿が出るようになったんですね。

 

昭和の営業と馬鹿にする人もいるかもしれませんが、私はすごいなと思います。

 

そしてある時、営業会議をしていた時に事件が起こったのです。

 

会議を進めていくと、某カツラ系スポンサーの出稿が別の会社にのみ出ていたことが発覚したのです。怒った上司はこう叫びました。

 

「なんだと!!だったらコレはずすぞ!!」

 

と。

 

いや正直、冗談なのか、本気なのかわかりませんでした。そして、部下たちは笑っていいのか、反省の色を出すべきか戸惑いましたが、結果、

 

本当に怒りで外すと言ったのです。

 

カラダまで張って営業したのに、お前らは何をしていたのか?昭和営業の気合と負けん気を勉強した日でした・・