メディア太郎日記

メディア全般のリアル体験記事

時間の節約のために必要なイス

突然ですが、イスは大事です。自分のイスではありません。

f:id:media_taro:20200109085505j:image

 

私のデスクの隣りには写真のような椅子が置いてあります。

 

これが時間の節約にとても役に立つのです。

 

なぜイスが時間と関係するのか?

 

しかも自分が座っているイスではありません。

 

誰かがきた時に座ってもらうイスです。

ただ、座ってもらうために置いているのですね。イスが無ければ座ってくれません。つまり、相手が立ってしまうとこちらも立たなければならない。だからイスを置いておくのです。

特に目上の方が来たらすぐに立つというのはどの業界でも常識だとは思います(そんな常識有り得ないという業界もあるでしょうが)。

もちろん、こんな小さいイスに長時間座らせるのもどうかと思います。

だから、

 

たまたまそこに短時間座って頂けたらラッキー!

 

というくらいの位置付けなのですが、写真のような背もたれの無いイスって、みんな座ってくれるんですよね。

 

私のところには一日に多い時は20〜30回人がやってきます。正直、その度に立っていたら時間がもったいないです。

たった何秒かだけじゃないかと言われるかもしれませんが、何秒の積み重ねが仕事をスピーディーに進められるかに影響します。デスクでモノを探す時間は1日あたり積算で20分と言われています。そういう風にして、時間が削られていくのです。

 

しかも

 

「私はいつでも大丈夫ですので、このイスに座って話しましょう」

 

という意思表示にもなるのです。

 

できれば、背もたれのない、木の温もり?があるこのタイプのイスが好きですね。座ることにハードルがないからです。

 

もちろん、長時間になりそうな時は会議室でゆっくりコーヒーでも飲みながらお話ししますけどね!