メディア太郎日記

メディア全般のリアル体験記事

チャンネルはそのまま「キー局ではこうだから」

今日もチャンネルはそのままが放送されていましたね。

 

地方局の実情を描いたこの番組。

民間放送連盟のテレビ部門グランプリを受賞した作品です。

 

大泉洋さんなどキャストもなかなかです。編成判断や、階段編成のことなど、普段私がブログで書いていることが具現化されていてシンパシーを感じます^_^

 

雪丸役の芳根京子さんがいつも元気ですね。

 

さて、この中で編成局長の立場の人がちょくちょく「キー局では」とか「ローカルでは」ということを発言してます。

 

この編成局長、「キー局からの出向局長」ということになります。

 

だからいつもキー局基準でものを言ったりするのです。

 

編成局長だから、制作、編成する番組全てに責任がありますし、取締役とか常務とかアタマに肩書きが付く場合もあります。そして、そういう人がそのまま社長になる場合もあれば、キー局に戻る場合もある。さらにはそのまま定年を迎えるというパターンもあるのです。

しかもこの出向組の方々、全てではありませんが、キー局からと出向先からと給料をもらうこともあるのです。

羨ましいですよね。

 

ぶっちゃけ

 

天下り

 

の象徴みたいなもんです笑

 

でも、偉い方なので、無視はいけませんよ^_^

 

#チャンネルはそのまま