メディア太郎日記

メディア全般のリアル体験記事

Amazonはパワポ禁止NHKとの共通点

けさ、『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナーがネットで紹介されていました。1月16日(木)の放送では『Amazonの絶対思考』(扶桑社)の一部を紹介の中で、

 

パワポ禁止」

「資料は6枚以下」

 

というルールを元社員が明かしていました。

 

f:id:media_taro:20200122112932j:image

 

すばらしい考え方ですね。

以前私もブログの中で触れましたが、

プランの内容が大切であり、資料のデザイナーになってはいけないという考え方ですね。

 

ジェフ・ベゾスさんの考えが基本になってるようですが、資料はワード。しかも6枚以内。

もし、私が会社でこの提案をしたならば

 

「ワードはダサい」

「内側にも外側にもみっともなくて見せられない」

「資料作成に手を抜きたいのか」

「たくさんページが無いとナメられる」

 

という反発が起こるでしょう。

これこそ、日本企業の停滞原因を象徴するような現象でしょう。

こういう考え方がある限り、私は

 

「何が働き方改革だ」

 

と思います。資料は内容が重要であり、派手なデザインや、資料に目を引かせるためのコピーや、ビジュアルも必要ありません。紙芝居のようなたくさんのページも完全に時間の無駄です。

 

かつて、あるアドマンと会話していた時のことを思い出しました。

 

NHKの番組の企画書はワード1枚なのです。その会話をしたのが、何年もでしたから、振り返ってみても

 

NHKさんやりますね。

 

単純に私が知ったのが遅かっただけで、NHKジェフ・ベゾスより先端を行ってたのかもしれません。

 

番組の企画書って、

・番組タイトル

・企画内容

・想定出演者

・想定ターゲット

・支出

 

他にもありますが、大体これくらがわかれば書けちゃますよね。

まだ番組化されてないのに最初からディティールを記載するのも時間の無駄ですし。

 

本当のクリエイティブとは何か。

Amazonで買い物をする度に考えるしか無いですねw