メディア太郎日記

メディア全般のリアル体験記事

最初から諦めている人の特徴

今日はアカデミー賞受賞式ですね。

日本の映画祭の受賞式など、いくつか参加しましたが、あんな会場にいたら、いるだけで特別な気分になるんでしょうね!

 

アカデミーに出るほどでは無いですが、何かを作る時の俳優やタレントの調整は本当に大変なものがあります。

 

「〇〇のイベントでは〇〇という大物にオファーをかけたい」

 

と言うと、大抵の人は

「どうするの?できないでしょ?」

といいます。そういう意見が出るたびに私は残念な気持ちになります。

 

f:id:media_taro:20200210092230j:image

少しくらい大きめの目標を掲げてもいいじゃないですかと。

最初から諦めている人の特徴は

 

・「無理でしょ」と相手の意見を全否定する。かと言って自分のプランはない

・「お金はどうする?」「スケジュール厳しいでしょ?」と、なぜかできない理由を探す。

・当事者意識がないので、いつも疑問系になる。「どうすればいいの?」「ギャラいくらなの?」など。

 

はっきり言って、最初から諦めているような発言やマインドの人にチャンスも到来しないし、人望も集まりません。

「あの人がいるところで言うと馬鹿にされるからやめよう」という空気が蔓延するからです。

 

私は常に心がけていることがあります。

どんなに現実離れしているプランでも、

 

「いいね」「おもしろいね!」

 

と最初に言うようにしています。

そうすれば

 

「この人は否定をしないから、思っていることを言っちゃおう」

 

「タブーを恐れずにブレストできるんだ」

 

という空気が生まれます。

 

そういう空気をリーダーは作らなければなりませんね。

 

月曜から固いですが、一週間頑張りましょ!^_^