メディア太郎日記

メディア全般のリアル体験記事

PAはパーではない2

昨日、PA(ピーエー)の奥深さについてお話ししました。

 

あたり前ですが、PAは「パー」ではありません。

 

PA卓(ミキサー)というものを見たことがあると思います。

 

f:id:media_taro:20200220084559j:image

 

とてつもない量の「ツマミ」が配列されていますよね。

(酒のツマミではないですよ笑)

 

この、縦一列に簡単に言えば、太郎さんの音の

 

・ボリューム

・レベル(ゲイン)

イコライザー(低音・中音・高音)

・エフェクト量(リバーブや、エコーとか)

・AUXと呼ばれる複数の出力(ここで、どのモニターにどれくらい出力するか決定する)

・PAN(左右の振り)

 

などをひとつひとつ決めていきます。

さらにコンプレッサーといって、音を「圧縮」させる技術や、グラフィックイコライザーという、細かく周波数を増減できる機械で必要なところと、不要なところ(ハウリングしそうな周波数など)を選別したりします。

 

ここから、さらにレコーディングや、集音の技術は別の世界が広がります。

 

まあ、とにかく複雑なんです。

 

パーではできません笑

しかも、映像と違い、目に見えないので、どうしても「職人的技術」が必要な場合がありますね。

 

それだけに面白い。

 

僕も音楽が大好きなんですが、PAの卓を触るとワクワクしますよ!!

 

初めてギターを買ってもらった時みたいなきもちです。

(ちょっと子供ぽい終わり方になったな笑)