メディア太郎日記

メディア全般のリアル体験記事

マルチタスクだけどシングル処理

世の中テレワークの流れですが、月末でもあり、私はなかなかテレワークとはならない状況です・・。

 

私、4月からある部署と兼務になるのですが、

「君には働き方改革などない」

マルチタスクで働け」

「ワークアズライフだ!」

 

と言われてしまいました笑

いや、コレ、捉えようによっては超パワハラですよ??

僕が仕事好きでよかったですね?上司の方(¬_¬)

 

f:id:media_taro:20200228090322j:image

 

さて、マルチタスクとか都合の良いことを言われてしまいましたが、ちょっとそんな気があり、現在かかっている仕事は

 

・コンサートの運営・券売・ブッキング

・イベント関連(特に飲食)

・広告業関連の数字の管理(数千万単位)

・アニメーション関連

SNSYouTube関連

・各種企画書

・ICT、5G、外食などの新規事業

・放送運行

・伝票などの雑務処理

 

などでしょうか。ここに、ちょっと夜のお付き合いなど入ってくると、残業するか朝早く来るかして、処理しておかなければなりません。

 

昼間の明るい時間は上記の内容を会話をしながら進めていきますが、私は常に

 

「いかにシンプルに考えて処理できるか」

 

を考えています。

そのためにまずとにかく最初にやることは

 

デスクに何も無い状態にすること

 

なんです。そして、解決すべき書類か、メールだけを見ながら集中します。

 

頭の中で処理すべきことが整理されたから、あとは誰にどう、いつのタイミングでコミュニケーションするか、携帯のスケジュールに打ち込んでいきます(携帯の方がアラームが鳴って忘れない)。

 

さらにワードやエクセルを作る必要があれば、デスクに何も無いので、超速で打ち込めます。ショートカットを駆使して作成していきます。

30分以内に終わらなければそのエクセル、ワードは頭の中の組み立てが不十分だったということで、次にいきます。

 

紙資料もいかにデスクに無いように、しかし、いつでも引き出せるようにどのように整理整頓するかをいつも考えています。

 

この一連の流れが終われば、次にかかります。

 

色んなことを一日の中ではマルチにやっていますが、瞬間瞬間はシンプルです。

 

この作業、あたり前はあたり前かもしれませんが、デスクが散らかってる人に限って

 

「たくさん仕事をしている」

 

気分になってるんですよね。

精神衛生上も良くない。

とにかく最初にやることは

 

「物理的にも、精神的にもシンプルに考えられる環境」

 

を整えることなんです。

 

あ、何かの記事で読みましたけど、マルチタスク脳は早死にするらしいですよ笑