メディア太郎日記

メディア全般のリアル体験記事

ブルーハーツは天才!

昨夜「テセウスの船」を観ていて、CMで久しぶりに聴いた曲がありました。

ブルーハーツの「夢」のカバーです。

f:id:media_taro:20200302084956j:image

 

やはり良いカバー曲には私のような人間にもささりつつ、若い人にも刺さる。

 

時代は繰り返すと言いますが、この人たちの音楽や歌詞はいつの時代も突き刺さります。

 

やはりファーストアルバムのTHE BLUE HERTSは小学6年生くらいの時に聴き、衝撃を受けました。

 

衝撃というよりたぶん子供心に

 

「なんなんだ?この音楽とこの人たちは?」

 

と思っていましたね。

もちろん、セックスピストルズや、スターリンなどに影響を受けたと後から知っても、やはり彼らの曲はすごいと感じます。

 

例えば「NO NO NO」という曲がありますが、その歌詞の中で

 

「戦闘機が買えるくらいのはした金なんかいらない」

 

という表現があるんですけど、未だにとてつもない衝撃ですね・・。

 

そして、彼らのビジュアル面から出る雰囲気や音楽スタイル、歌詞、ステージングが全てマッチしてエネルギーが放出される。

 

だからこそ今でもCMソングとして使用されるんだろうなと思います。

私もたまに歌詞を書きますが、そんな天才的な歌詞は書けません笑

しかし、キャンペーンのテーマやキャッチを考える時にブルーハーツのような心に戻って・・と思う時がたまにあります。たまにはタブーを恐れない表現をしてもいいんじゃないかと思うわけですね。

 

ちょっと憂鬱な月曜ですが(しかも月初)、ブルーハーツのような勢いで頑張ります!