メディア太郎日記

メディア全般のリアル体験記事

ネットで買っちゃう!の仕組み

新型コロナウイルスの感染者が過去最大だっということで、コロナ関連のニュースが止まりませんね・・。

 

外出もろくにできない。経済も不安・・。こういう時、何ができるのか。

私個人的には充電期間と捉え、趣味や勉強に力を入れて、将来の為に時間をつかう。そうやって前向きにとらえようとしています!

 

外出が厳しいということで、ECが好調なGAFAの一角Amazonが3月の中旬に10万人の雇用を発表しましたね。

 

前回も消費行動のファネルについて書きましたが、今日はECサイトなどにおけるマーケティングファネルのおさらいをしてみたいと思います。

 

ちょっとマジメ過ぎる内容かも・・携帯でモノを買う時の気持ちになって読んでみて下さい!

 

f:id:media_taro:20200403082605j:image

 

代表的なマーケティングファネルは4段階です。

 

ランディングページ

回遊ページ

エントリーフォーム

コンバージョン

 

・ランディングページとは最初に見るページのことです。

検索からの「オーガニックサーチ」などもですが、自分が良く見るサイトから、ポップアップとかでついつい行ってしまった!というのもまさに“ランディング”です。

 

で、「なんだ!邪魔だな!」と思ってすぐ前のサイトに戻ることを「直帰」といいます。

 

このランディングページはお客様が最初に目にするページで非常に重要です。このページを改善することを

 

LPO(ランディングページオプティマイゼーション)

 

と言います。

 

 PLOは中東のやつです^_^

 

・回遊ページ

ランディングページから別のページにとんで行くことを回遊といいます。

「この商品も良いけど、こっちもいいな!」

「詳細なスペックはどうなってるんだろ?!」

など行ったり来たり。まさに回遊です。

でも、購入フォームまで行かない時ってありますよね。

 

回遊離脱率という指標があります。

 

回遊離脱率は

(1-(フォーム達成数÷回遊数))×100

(1-(フォーム達成数÷(セッション数-直帰数))×100

 

回遊離脱率が高いとエントリーフォームへの誘導などがイマイチということになります。

 

・フォームページ

フォームページに誘導するボタンやリンクをCTA(call to action)や反応装置とも言いますね。

 

フォーム離脱率というのがありますが、カート破棄率と同じです。

つまり、途中で気が変わるか、「なんかクレジットの入れ方よくわかんねえな?!」という感じなってしまうと離脱してしまうのです。

 

カートまで行ったけど、やっぱりやめた!!ってやつですね。

 

この場合の改善はEFO(エントリーフォームオプティマイゼーション)ということになります。

 

・コンバージョン

購入まで行った場合はコンバージョンとなります。

もしくは、FAQページの場合、アンケート画面がコンバージョンとなったりします。

 

電話注文が多い場合は電話の件数もコンバージョンの指標になる場合もあります。

 

本当に固い内容になってしまいました^^;

 

まあ、このファネルの中でECプレイヤー達はPDCAを繰り返してるわけですね!

 

あー、横文字使い過ぎた!

 

飲み行きたい笑