メディア太郎日記

メディア全般のリアル体験記事

国民全員に10万円支給はヤバいのか?

ついに新型コロナウイルスで、全国緊急事態宣言が発表されましたね。

国民全員に10万円。

 

12兆円使います!w

 

f:id:media_taro:20200417094102j:image

 

以前12月に桜を見る会の話題で、5000万使うってことに国会で何日使ってんの?という記事を書きました。

国家予算が100兆円だとして、家計が600万円の場合と比較すると、5000万円は30円分です。

 

ところが、今回のお金は600万円の一家だと、72万円分になります。

 

んー!さすがに無視できない金額ですね。ヤバイのでしょうか?

 

今日はかなり政治・経済よりの固い話になりますので、そういうのが嫌いな人は読まない方がいいです笑

 

しかし、私なりにスーパーわかりやすく書きたいと思います。

 

結論から言うとヤバく無いと私は思います。

 

なぜなら(あくまで簡単に言いますよ)、12兆円は日銀が発行できるからです。

 

政府は12兆円の借金が増えますが、誰から借金するのか?

 

簡単に言うと日銀です。

 

でも、日銀はお金を刷れちゃう。

 

「じゃあ、日銀は無限にお金を刷れるわけ??」

となりますよね。

 

太郎アンサー「はい。刷れます。」

 

となると、次にこういう意見が必ず来ます。

 

「そんなことしたらインフレになるじゃないか!!!」

 

と。

 

太郎アンサー「なりません。なぜなら今スーパーデフレ(インフレの真逆)だから。」

 

ちょっとわかりにくくなって来たかもですね。インフレとは、モノの価値が高くなることです。

 

例えば電球が10000円とかになる状態です。

でも、電球って100円均一でも買えますよね?秋葉原だったらもっと安いかもしれません。

コレがデフレです。

 

デフレって言われるとみんなアレルギー反応起こすんですけど、とにかくモノの値段が安すぎること。

 

なんでそうなるのか?

 

簡単に言えば、世の中に紙幣が少ないからです。

日本人はやっぱりマジメに働いてるし、作るものも素晴らしい。

でも、なぜサラリーマンのお小遣いがバブルの時から半分になってしまったのか??

 

デフレだからです。紙幣が足りないからです。

 

ここで、「ギリシャみたいに財政破綻したらどうするんだ!」とかさらなる反論が生まれてくるわけですが、これ以上になるとややこしくなるので、直接私と会話するか、京都大学藤井聡教授のYouTubeをみて下さいw

 

まあ、つまり国家の借金が1000兆円あるって言っても12兆くらいの金、

 

刷りゃいいんすよ!

 

財務省にびびって、消費増税とかわけわかんないことしてるから、日本経済はちっとも良くならない。

消費税の方がもっと問題だよ!と、これ以上書くと本業に支障をきたすので、明日にします^_^