メディア太郎日記

メディア全般のリアル体験記事

新型コロナ対策アメリカは210兆円使う。日本は?

最近大分のある議員さんのTwitterが炎上気味だと言うことで、のぞきに行きました。簡単に内容を言うならば

 

「新型コロナで12兆円使う。やや無理があるし、経済効果も無い。国のPB(プライマリーバランス)が悪くなる、財政破綻する」

 

と。この意見に対して、合計数百件の抗議の返信ツイートがあるようです。

 

f:id:media_taro:20200425082531j:image

 

このブログでも、私が

 

「日本は財政破綻しない。インフレにはならない。なぜなら今超デフレだから」

 

「お金をたくさん刷って日本経済を立て直そう。消費税10%の方が10万円よりももっと問題。みんながその事を理解することが大事!」

 

と言って来た私にとって、とても嬉しい気待ちになりました。

 

アメリカのGDPは日本の4倍ですが、今度のコロナ対策で約210兆円使います。

仮にも4分の1の52兆円くらい使って下さい。経済を活性化させて下さい。

10万円じゃ、飲食店は家賃も払えない。

事業規模117兆円はウソばっか。真水の数字では無い。

国会議員の給料カットしてごまかさないで欲しい。カットしても52兆円からしたら、チリというか、原子くらいです。

 

話は戻りますが、この大分の議員さん、メディア太郎目線では

 

ITリテラシーが低い・・

 

んですね。特に、携帯でできるSNSは一見シンプルに見えるので簡単に見えてしまいますよね。

しかしかしかし!本当に奥が深いし、私もまだまだ勉強不足だなと思う時が多々あります。

もしかしたら「炎上」という言葉も知らないかも知れません。

知っていれば反対意見に対して、余計なリプライはしないはずです。

 

SIPSモデルというマーケティング用語があります。

Sympathize(共感)

Identify(確認)

participate(参加)

shrare&spred(共有・拡散)

 

特に最後の二つ、参加して、共有・拡散する。SNSでは非常に重要ですね。

ここからは私の単なる予想ですが、世の中の「SNSとか簡単じゃないか」と勘違いするおじさんたちはTwitterFacebookで発信すればそれで良いと思っているのではないか。

特にFacebookからスタートした人は怖いですね。Facebookって、ほぼ知人にしか見られないからSNSが使えると勘違いさせる。知人が多いから反対意見はあまり出てこない。

オレの言ってることすごいだろ?と啓蒙したいんでしょうけど、そこから、その情報がどう使われ、拡散していくか想像できてない。

単なる発信ツールだと思っていたらブーメランのように帰ってくる。しかも知らないところで拡散してる。引用リツイートで出回ってるとか、そんなやり方やワードすらわかんない。

 

そんな感じじゃないですかね。

それにしても、自分もおじさん。本当に謙虚に勉強しないとなと思います。