メディア太郎日記

メディア全般のリアル体験記事

ROEとROI、ROASなんじゃ?

今日の日経新聞でこんな見出しがありました。

 

ROE偏重経営 もろさ露呈想定外に備えはあるか

 

はい。いかにも日経新聞ぽい見出しですね笑

 

f:id:media_taro:20200429102348j:image

 

ROEってなんやー!!!!!偏重経営てなんや!!!!

 

ですよね。こりゃ、今の若い方々は日経読まないわけです^ ^

 

ここからいつものズレてるかもしれないけど、超簡単解説です。

 

ROEとは自己資本比率のことです。

return on equity 

簡単に言うなら、自分のとこの財産が多いと数字が高くなります。

自分とこの財産を増やすために「自社株買い」ってのをして、数字を良く見せます。ROEが70近いと投資しやすい会社と見られるのです。

つまり、株価も上がるのです。株価が上がると、時価総額も上がる。

 

日経の記事によれば、アメリカン航空ROEを高くするために、自社株を買い増し、負債を抱え、さらにコロナウイルスの影響でお財布がヤバくなった。

てなことを書いてるわけです。

 

私は経済学者じゃないので、これくらいでʅ(◞‿◟)ʃ

 

さて、経済とマーケティングはほぼ似たようなカテゴリーですが、ROEとROIを混同してしまう時があります。

 

ROIは投資利益率です。

return on investment

 

100万円投資したら、200万円の利益があがった場合、ROIは200%です。

ROEより簡単ですよね。

 

次にROASは広告費用あたりの売上額の割合です。

return on ad spend

20万円の“広告費”を使って、“売上”が30万になれば、ROASは150%です。100%を切ると広告を見直さなければいけないとなります。

 

いやー、似たような言葉ありすぎですね笑。コツはアルファベットの中の文字まで覚えれば覚え易いです。

 

まあ、でも日本語よりゃマシでしょw