メディア太郎日記

メディア全般のリアル体験記事

手土産の奥深さ

昨日はジャケットやネクタイについて「空気のやり取り」が大切だということを書きました。

 

ネクタイとジャケットと同様かもな〜と感じていることがあります。

 

会食などに持参する手土産です。

 

f:id:media_taro:20200527093812j:plain

 

いやこれ、重すぎても軽すぎてもダメ。

容積も大きすぎると持ち帰るのに大変・・。かと言って小さすぎ、軽すぎるとシャボく見える。

 

じゃ、その条件を満たす手土産は?!となると、結局いつもデパートとかで買っているモノになってしまい、上司から「またそれか?」と言われてしまう・・。

 

なかなか奥が深いものです。

だけど、会食のたびにそんな時間を使っていては営業になりません笑

 

色々なレパートリーをもっておくことが大切ですし、たまには食べ物以外の変化球もありですね。

 

ある会社の方と会食をした時に、ブランドのハンカチをもらったことがありました。その年の夏は猛暑で(日本の夏はいつも暑いか笑)、「本当に暑いので」と言われて頂いたのですが、単純に嬉しかったですね。

 

ハンカチは「別れ」などの意味が有るとか無いとか言いますが、相手のことを思うなら渡してもいいと思います。

 

ちょっと変化球なものでも、相手にカスタマイズされた理由があればレパートリーはもっと増える。大げさにいうとストーリーがあればいいわけですね^_^

 

私はものすごく汗をかくので、ハンカチを忘れた日は本当にブルーになります!