メディア太郎日記

メディア全般のリアル体験記事

同じ人間だから。競合のペルソナ

アベノマスクがついに届きました・・!

 

f:id:media_taro:20200528103359j:image

 

これは・・。

やっぱり使わないかな・・。

小さいとかあるけど、なーんか

 

ダサイから!^_^

 

400億以上使って、やっと届いた頃にはマスクバブル・・汗

なんともお粗末な話です。

 

しかも発注業者は入札など無く決まったとか?!正直羨ましいです。

 

さてさて、民間企業はコンペや競合に勝ってこそ仕事にありつけます。

 

先週あるコンペに後輩君と臨んで勝ち取ることができました。

後輩君が夜中までかなり頑張っていたので本当に嬉しかったです。私のエラそうな意見を取り入れるのも大変だったと思います笑

 

コンペには様々なことを想定して臨みますが、お客様のニーズと同等に敵(競合者)がどういうことを考えているかも同じくらい重要視します。

 

いわゆる、3C

customer(顧客)

competitor(競合)

corporation(自社)

 

のうち、最初の二つですね。

そして、競合者がどういう存在であるか、自分が競合者ならどういうマインドで臨むか。エンドユーザーのペルソナでは無く、競合者のペルソナも思い描いていることに気づきました。

 

そして、その競合者がとてつもない実績や、有名なクリエイターを抱える強敵だとしても、いつも自分に言い聞かせることがあります。

 

「同じ人間だ」

 

そう思うようにしています。

 

世の中には本当に素晴らしいクリエイティブもあれば、なんだコレ??ってものもたくさんあって、様々な人間が作っているし、どんなに有名なクリエイターやディレクターでも常にヒット作を出せるわけではありません。

みんな、苦悩し悩んでいる。だから、条件は同じはずだと。

 

そして、最も大事にしなきゃいけないのは顧客がびっくりする提案をすることでしょう。

 

もちろん負けることもあります。しかし、その負けたことが次への“モノサシ”にもなると思います。前回がこれでダメだったから、次はもっと改良を加えて・・。

一番ダメなのは、全力を出さないことです。全力を出さないとモノサシは生まれない。

私そう確信しています。