メディア太郎日記

メディア全般のリアル体験記事

なぜテレワークしないの?不自由がイノベーションにつながる。

ニューノーマル」という言葉がしばらく使われそうですね。

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で新しいライフスタイルが必要とされてきた。スタンダードがどんどん変わっていくということでしょうが、変革のタイミングとして良い意味でとらえた方が良いのではないかと思います。

 

そんな中、私の周りでは、「もう緊急事態宣言が解除されたから」と言ってテレワークを全然しないという人が増えてきました。

 

原因はテレワークをさせない上司にあるんだと思います。

だって、上司や役員たちがテレワークしないから笑

 

いや、毎日しなくてもいいんですよね。

週二回せめて一回はするように心がける。

 

でも、こういう行動をしてると「なぜ君はわざわざテレワークをしているのか?」と言ってくる人もいます。

 

溜め息ですよね・・。

 

仮に新型コロナが落ち着いたとしても、テレワークによって見えくるものがたくさんあったし、会議、プリントアウト、印鑑など無駄もたくさん見えてきた。もちろん、不自由なことも見えてきた。

テレワークは単なる「感染拡大防止である」と思っている人は、完全に思考停止状態なのです。

テレワークによって、満員電車や、ノー残業デーの実施、働き方改革にも結びつけることも可能なはず。

 

そういう方々の思考に足りないものがもう一つ。

 

不自由・不足がイノベーション発見の手がかりになる。

必要は発明の母

 

というマインドが無い。もう、断言していいでしょう!

 

さらに、そういうことを言うと、こう言われます。

 

「じゃあ、今何か良いアイデアがあるのか?ないなら会社に来なさい」

 

驚愕・・。ちょっと別の世界を体験したからと言って、すぐに革新的なアイデアがでるわけないじゃないですか。

 

大切なことはその中で次の時代のためのヒントを得ていくこと。

 

トホホ・・。どうやら来週から会議も再開されるみたいです(-.-)