メディア太郎日記

メディア全般のリアル体験記事

成果を何倍にもするには、自分の成果にしない。

エドワード・ヴァン・ヘイレンが逝去してしまいました・・。

 

65歳だったそうです。ヴァン・ヘイレンというギタリストを知らない人でも、「JUMP」という曲を聴けば「あれか」と思うはずです。

もしくは、マイケルジャクソンの「BEAT IT」の滑らかすぎるギターを弾く人です。

 

f:id:media_taro:20201008070149j:image

 

彼が偉大過ぎる理由は

・ライトハンド奏法などに代表される様々な演奏方法を生み出した。

・ライブパフォーマンスの素晴らしさ

・とてつもないリズム感と粒の揃ったピッキング

・コンポーザー(作曲)としての能力の高さ

 

などですね。ライトハンド奏法に関しては、4月8日にブログで書いているので良かったら。とにかく、ジミヘンと同等の評価をする人もいるし、私もそう思います。天国でギターを弾きまくって欲しいです。

 

https://www.mediataroblog.net/entry/2020/04/08/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%A8%E7%94%B0%E8%88%8E%E6%BC%94%E5%A5%8F

 

さて、ヴァン・ヘイレンが亡くなり、ショックで、主題とは全くズレた冒頭になってしまいました。

 

成果を何倍にもするにはどうするか。

これはあくまで私が体験した方法論でありますが、せっかく獲得してきた成果(成功)ならば何倍にもした方がお得ですよね?

例えば1000万円(全てがお金ではありません。わかりやすくここではお金とします)の売上を獲得したとします。

 

この成果を何倍にもするにはまず、「自分だけの手柄にしない」というところから始めます。具体的には次のフローです。

 

①メディア太郎さんが提案していた案件がほぼ1000万円で決定的だという情報を掴む

②決定が出る数日前にプロジェクトに関わった各部の人に「あの件だけど、ほぼ決定間違いない。部会などで、『うまくいきそうだ』と発言しといてくれ」と言います。

さらにこの時点では可能なら800万が決定したと伝えます。

③実際に発注がくれば当然、②の部会で発表した人々は喜ぶし、それぞれの成果になる。

さらに、自分の部会では「この案件は◯◯部のAさんが大変良いプランを作ってくれた」と言います。そうすればさらにAさんの評価はあがります。

④Aさんほか、プロジェクトに関わった数人が太郎に感謝する。もしくは「太郎と仕事をすると必ず返してくれる」と思う。次の仕事にも必ず協力してくれる。

 

こういった流れですが、ここで忘れていたものがあります。最初の200万円です。1000万が決定したのに社内には800万しか決まったと伝えてません。残りの200万は・・

「プロジェクトの内容が評価されて、さらにクライアントから200万の発注が来た」

と言ってタイミングをずらして発表するのもありなのです。そうすれば2度笑顔をみることができる。

ザイアンス効果というのがありますが、接触頻度が高まれば人間はより近づくことができます。気難しいクリエイティブディレクターと1度ではなく2度喜びを分かち合いたくあまりせんか?!

 

さらに、もし間にエージェントのような会社か、社内に数字を操作する人間がいれば(超仲良くやってる人が前提)、その人に200万をプールしてもらいます。

 

そして、「太郎!どうしても今月売上が50万必要なんだが、なんとかならんか?」と言われた時に「わかりました!!」と言って外にお茶を飲みにいきます笑

時を待ち、「部長!◯◯会社にセールスしたら50万決定しました!」と部長に伝えるのです。そりゃもう、部長喜びます笑

これを4回もやれちゃうんです。

 

このフローの重要なポイントは情報を掴むスピードと出し方のタイミングです。これが少しでもずれると単なる1000万の発注でフィニッシュです。太郎さんは単なる「メッセンジャー」にしか過ぎません。

 

上記の方法、いつもいつもやってはいけません。あくまで考え方、方法論でありますが、単に1000万の決定を出すのと数字を「料理して使っていく」のとでは雲泥の差が出るということです。

 

サラリーマンを何年もやっていると、こういう方法を使えるチャンスがたまに到来します。マネーロンダリングみたいな感じに聞こえてしまうかもしれませんが、肝心なことは成果は単なる数字の羅列ではないということ。

そこに携わった人々の成果の結晶だということです。

 

その気持ちがあれば、数字の操作などしなくても、成果は何倍にもなり、多くの人に感謝され、次の仕事に確実に繋がることができる。感謝の増幅であり、プラスのリターンが延々と繰り返される。

 

私はそう確信しています。

 

部下にそういうマインドを伝えたく、ブログでまとめてみました。良い台本ができました笑