メディア太郎日記

メディア全般のリアル体験記事

うちの社長はとっくに電車

今朝、TBSのあさチャン!で面白いニュースがありました。

 

公用車は高級でなければならないのか?!

 

という件です。

なんでも、兵庫県の知事が公用車はセンチュリーでなくてはならないと発言し、その理由が

 

「兵庫は山あり谷ありでどんなところに行っても壊れない車じゃないといけない」

 

とのこと。これ、笑っちゃいますよね!他の都道府県の首長もしくは、担当の人の意見では、

 

「首長の人の車は品位・品格が無いといけない」

 

とのこと。はっきり言いますけど

 

バカですよね

 

まず、兵庫県知事は論外。

で、品位・品格??その前にそういう考え方そのものが品位・品格が無いんですよ。てか、

 

うちの社長はとっくに電車通勤だぞ!

 

って、自慢したくなりました笑

(社長が見たら恥ずかしいかな?)

 

でも、我が社長、会食に行く時も電車で行きます。なので、「会食に行く時くらい、社長はタクシーで行くだろ」と思って、ゆっくりしてると、

「電車だから早めに出るぞ」

と言われます。

 

この社長、数年前にはタクシーチケットも原則廃止にしました。

 

普段は、色々不満はありますが、

「社長けっこうやるじゃん」

と思います(上から笑)

 

そして、品位・品格とはなんなのでしょう。

 

品位・品格・・人に自然に備わっている心の高さ。優れた気品。

 

辞書で調べるとこんなところでしょうか。でもよくわかりませんね。

 

品位とかの前に。私が本当に尊敬できる人は、考え方が素晴らしく、心が広くもあり、小さな気配りができる。大きなビジョンをもち、小さな役割の人間の仕事もないがしろにしない。優しさと厳しさを兼ね備え、常に努力を惜しまない。

 

こういう方々にはいわゆる「品位・品格」が備わっています。

そして、こういう方々はだいたい

・清潔感がある

・身だしなみがきっちりしている

・きれいな言葉使いをする

・約束を守る

・素晴らしい目をしている

・笑顔が素敵

・不摂生を感じない体付き

・靴がきれい

・立ち姿がきれい

・マナーが完璧・・・

 

さてどうでしょうか。

この中に、「良い車に乗っている」ことが条件に入るでしょうか。

 

少なくとも、私の場合には高級な車は品位・品格と直結しません。

 

誰かに否定されてもいいです。私はこういう大人になりたいので!

 

あ、社長の真似をして部下と4人で飲み会に行く時に「電車で行こう」と言うと、「4人でタクシーならほとんど変わらないのに、ドケチな部長」と言われるので注意しましょう^_^